レイキファースト

レイキファーストを受講する理由

レイキファーストは、レイキの最初の段階で全体の考え方や、ティーチャーまでの進み方などガイダンスがあります。

レイキファーストとは

レイキを受け入れるための最初の段階です。
多くのレイキは段階制になっているため、必ずここを通ります。

レイキファーストとはどんなことをするの?

内容的には、全体のガイダンスと、アチューンメント(アチューメント、伝授と言うこともあります)を4回受けて、レイキの基本的な使い方、ファースト受講後からセカンドまでどうしたらいいか(ヒーリングの仕方)を教えてもらうことになります。

アチューンメントはレイキティーチャーが受講生の身体の中にエネルギーを通していく手法です。具体的には気功のようなものだと思っていただければ近いです。

レイキファーストを受けると

ファースト受講後は、もうレイキヒーラーとしてヒーリング能力は使えるようになっています。
しかし、上手に使いこなすためには、日々使っていくことが必要なので、12ポジションと呼ばれる技法を使ったセルフヒーリングをしていきます。

この過程で、身体的な症状が改善したりする場合も多いですが、明確な因果関係は証明できないと思います。

毎日、自分の身体をいたわる時間を持つことで、精神的なゆとりも生まれますし、12ポジションは微細な物へ意識を向ける習慣作りになりますので、その辺が変化へのきっかけになります。

もちろん、やらなくても効果はあります(実際にある人がいるので)が、やらないよりはやった方が効果が大きいです。

検索
[PR]
メニュー