レイキの4段階

レイキの4段階

レイキの段階には次の4つがあります。

 

呼び方は流派によって違う場合もあります。

 

レイキファースト

レイキファーストは、レイキを始める最初の段階で、レイキのエネルギーの源と繋ぐと言われています。
もちろん、言い方がそうなのですが、あくまで比喩ですのでお間違いなく。

 

レイキセカンド

レイキセカンドは、3つのシンボルとマントラと呼ばれるものを受け取ります。これによって、レイキの活用範囲が格段に拡がります。身体的ヒーリングや精神的ヒーリング、深い内面のヒーリングに聞くとされています。

 

ファーストに比べると目的が明確な分、効果が出やすいです。

 

レイキサード

レイキサードは最後のシンボル(マスターシンボル)、マントラを受け取ります
また、より深い自分と繋がるとされています。具体的には感じる力を強制的に広げる手法により、微細なものを感じることができるようになります。結果として勘が鋭くなったり、通常わからないことがわかるようになったりする人も居ます。

 

この段階を持って、レイキマスターと言われます。

 

レイキをマスターしたという意味です。
能力的にはレイキティーチャーと同格になります。

 

レイキティーチャー

レイキティーチャーは、レイキサードまで受講し、日々、レイキを使っている人が、より多くの人にレイキを伝えたいと言うことで、教える段階で気をつけること、アチューンメントの仕方、その他のことを学ぶ段階です。

 

レイキティーチャーになると、レイキを他人に伝授することができます。
レイキサードまでですと、レイキを他人に流すことはできても、相手をレイキヒーラーにすることはできません。

 

 

レイキの4つの段階関連ページ

レイキファースト
レイキファーストの内容です。
レイキセカンド
レイキセカンドの内容です。
レイキサード
レイキサードの内容です。
レイキティーチャー
レイキティーチャーの内容です。

このページの先頭へ戻る